住宅取得の資金計画と間取りの考え方

住宅取得の資金計画と間取りのプランニングを事例体験談をもとにお伝えするサイト。

事例1

工務店さんと新築一戸建てのマイホームが完成するまで何度も打ち合わせを重ねたりモデルルームや展示場、住宅設備や建材、フローリングなどのショールームにも行きました。とにかく時間と労力が掛かりましたが、家族の思い描く理想の家を作り上げる事が出来たと実感しています。はじめは全体の予算決めから始まり土地を決めると家の間取りや部屋の数などおおよその家の全体設計を決定しました。その後は、フローリングや引き戸など建材の色や仕様を決めたりキッチンや浴室、トイレなどの設備をショールームへ行き決めました。とにかく決める事が多く時間も限られているため悩みながらも決断していくのはとても大変でした。後からやはり別の仕様に変更したいと思った物は、ハウスメーカーにお願いした所、快く引き受けて頂けたのは本島に助かりました。家づくりが始まって1年近くを要してマイホームが完成しましたが、とても貴重な体験でした。満足のいく家を建てる事が出来て良かったです。

事例2

人生で一番大きな買い物といえる一戸建ての購入。一戸建てを購入する方法としては大きく分けて注文住宅と建売住宅の二つがあります。
注文住宅は間取りや外観、内装、設備など、自分好みに作ることができるのがメリットです。その為、家に対する愛着も湧きやすいといえます。デメリットは、どうしても予算オーバーになりがちだということでしょう。
一方、建売住宅は注文住宅と比較して価格が安いことがメリットです。さらにもう家が出来上がっており、生活のイメージが湧きやすく、間取りや設備などを考えるという作業をする必要がないので、少ない労力で新生活をスタートさせることができます。デメリットとしては、すでに家が出来上がってしまっているため、部屋の間取りや広さを変えることが出来ない点です。
かく言う我が家は、昨年、注文住宅で家を建てました。建売住宅もいくつか見学しましたが、立地条件で納得のいくものが無く、我々の条件に適う土地を見つけたので、そこに家を建てました。
一生に一度の大きな買い物でしたが、家づくりはとても楽しいというのが感想です。

PR|生命保険の選び方お家の見直ししま専科クレジットカードの即日発行じゃけん英語上達の秘訣工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM健康マニアによる無病ライフJALカード英語上達の秘訣貯蓄注文住宅体験談